愛犬モコの子供の頃

愛犬モコが我が家にやってきて早9年近くになる。

モコが我が家に来た頃は私も現役でバリバリ働いていた。
当時残業で夜遅く帰ってみると、家内が大きな段ボール箱を指差して言った。
箱の中を覗いてごらん・・・

廊下の薄暗い隅に置かれている大きなダンボール箱を覗き込むと、
なにやら動くものを見つけビックリして飛び上がった。
それがモコで約3ヶ月目になったばかりの子犬だった。

犬を飼うのは初めての経験で右往左往。
2月の寒い季節だったので箱に毛布をにかけてやり暖房をしてやった。

夜中2時頃に異様な異臭に気がつき飛び起きた。
原因はなんと段ボール箱の中の子犬が、
小指の先の爪ほどの小さなウンチをしていたのが原因だった。

今年の12月で満9歳になる。
モコと共生して長くなると、あれ程敏感だった我が鼻も臭いに鈍感になってしまった。
まー仕方がないと今ではすっかり諦めている。

犬年齢は加速的に過ぎてゆき黒かった睫毛も真っ白になり、
私同様いまや老境にさしかかった。

モコの5ヶ月め頃の写真を掲載してみます。
当時、額に入れた写真を取り出してスキャナで取り込もうとしたが、
写真がガラスにぴったりと張り付いて取り出せない。
仕方ないので額縁ごとスキャナに入れてスキャンした。

写真を剥がそうとしとした時にガラスと写真の間に空気が入り、
空気の粒粒ができてしまったので変な感じになってしまった。

モコが5ヶ月め頃の写真です。

画像

"愛犬モコの子供の頃" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント