我が家の愛犬・・・モコの幼犬時代

掲載した写真はモコが4ヶ月目の頃の写真である。

初めて犬を飼ったので飼育の仕方も分らず右往左往。
犬小屋も無かったので廊下の隅にインスタントの囲いを作った。

我が家にやって来たのが1月の寒い時期だったので、
家内が可哀相だから暖かくなるまで室内で飼ってくれと言うので、
家内の言い分に従う事にした。

素人なので躾もなかなか思うように出来なくて、
絨毯のあっちこっちに小水をされて本当に当時は泣けてきた。

ある時獣医さんから予防注射をしていただき、
免疫が出来たので散歩に出していいと許可を貰った。

初めての散歩は風の強い日であったので、風の音に驚き散歩どころではなかった。
3回目の散歩からやっと戸外の雰囲気にもなれ、
3回目の散歩で初めて外で小便をしてくれた。

それを契機に今度は逆に我が家の室内では、決して小水を漏らすことは無くなった。
私達も悪臭から開放され本当に涙が出るほど嬉しかった。

そんな思いをした時から早9年目にはいる。
いったん室内の快適な環境に慣れると。
外の犬小屋で飼おうとしたが決して小屋には住まない。

最近散歩仲間の人たちに聞くと、新たな悩みが沸いてきた。
老犬になると人間同様小水のお漏らしをするという。
我が家のモコはまだ先の話だと思うが、
新たな悩みに戦々恐々としている此の頃である。
これもなんかの縁なのだから仕方が無いのかも知れない。

画像

"我が家の愛犬・・・モコの幼犬時代" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント