男の純情・・?

今日はダサいカメさんのラブレターの思い出を書いて見ましょう。

遠い遠い昔の16歳の頃の話です。
貧しい農家の三男坊だったので、上の学校に進学する夢もかなわず、
しばらく家業の農業を手伝うことになった。
当時の地方の農村はどこも貧困にあえいでいた。
16歳といえども重要な働き手の一員として当てにされていた。

朝は朝星、夜は夜星、昼間は質素な梅ぼし弁当を食べながら、
朝は太陽が登る前に田畑に行き、帰りは太陽がとっくに沈んだ夜道を、
疲れきった体を引きづり乍我が家を目指す。
石川啄木の・・働けど働けどわが暮らし楽にならざりき・・の歌の如し。

夜は皆より一足先に帰宅して風呂を沸かし、カマドでご飯炊きをするのが私の役目だった。
当時の農家の風呂は五右衛門風呂といって大きな釜に水をいれ、
下から薪を燃やしてお湯を沸かすものであった。

その日も真っ暗な夜道を皆より一足先に帰宅したところ、
ポストに一通の封書が入っていた。
差出人を見ると見習い看護婦として都会に出て行った同級生のM子だった。

とりあえず五右衛門風呂に薪を燃やし、ついでに焼き芋用の芋をカマドに放り込んだ。
それから次はご飯を炊く支度をした。
そうこうしている内にご飯も炊けたので、
空腹を満たすため風呂場の焼き芋を取り出しに行った。

焼きあがった焼き芋を食べながら、焚き火の明かりを頼りにM子の手紙を呼んだところ、
なんとラブレターだったのである。
びっくり仰天、帰宅してきた兄たちに見つかっては大変なことになると、
机の引き出しにしまったのであるが、それでもそわそわと落ち着かない。

再度その手紙を持って風呂場に行き、焼き芋を食べながら読み返した。
心臓の鼓動が激しくなり理性を失ってしまった。
そうだこのラブレターを燃やせばいいのだとカマドに投げ込んだ。
M子さんごめんな・・と心で呟きながら燃えていく手紙をじっと見つめていた。

それから何十年かの月日が経ったのだが、事あるごとにそのワンシーンが脳裏を掠める。
M子さんは元気で幸せに暮らしているのだろうかと。

私のこの行動は、男の純情がこうさせたのか、
それとも私の非人情な心がこうさせたのか。
いずれにしても申し訳ないことをしたものだ、とこの年になって悔やまれて仕方がない、。

ワードで描いたM子さんだが、こんな子だったのかな・・

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月15日 08:18
可愛いM子さんにお返事も書かなかったのですか。
あらら~~~
カメさん、もてていたんですね。
素敵な想い出を綴って下さりありがとうございます。
M子さんもきっとその頃の事を時々思い出しておられると思います。
素敵な想い出ですね。

PCの復活、良かったです。
これからも継続して更新されて下さい。
楽しみです。
(お知らせをありがとうございました。)
2007年10月15日 08:41
わぁ~~
今日の日記は感動巨編ですね~
カメさんの幼い頃のことよ~くわかりましたし・・
M子さんから・・ラブレターまで・・
でももったいない・・お風呂で燃やしてしまっただなんて・・
ワードで描いたお絵描き・・いいですね~~
うっとり見とれましたよ~~("0")ワーイ
カメさん
2007年10月15日 09:17
のん様へ
随分古い話を書いてしまいました。
甘酸っぱい思い出です。
彼女もきっと
幸せに暮らしているだろうと思っています。
カメさん
2007年10月15日 09:29
風子様へ
私のつまらない青春時代の思い出を書いてみました。
純情だったのか、無神経で鈍感だったのか・・
田舎者で擦れていなかった事だけは事実です。
これからは人の気持ちが察せられる人間に
なれたらいいなーと考えています。
これからもよろしくね。
2007年10月15日 10:32
お帰り^^なさ~い よかったです
遠い日は~ 懐かしく素敵な・・・思い出
でも大切な宝物

ワードで・・・素敵 何時になったら・・・・
セッセ セッセ 頑張ろう 楽しみながら♪
カメさん
2007年10月15日 10:46
tatukietan様へ
昨日リカバリーを実行しました。
といっても富士通のサポートセンターの出張サービスを利用しました。
12時から21時まで9時間かかり、
サポーターの人も私もぐったりでした。
でも、何とか使えるようになりました。
これからもよろしくお願いします。
2007年10月15日 16:37
カメさんPC直ってよかったですね~
待っていましたよ。
昔、昔の甘酸っぱい思い出ですね^^
どうしたのでしょうか?初めてのラブレターで
どうしたら良いのか、分からなくなってしまったのでしょうね、
でもM子さんも未だにこうして思い出して
貰えるのですから良かったのかもしれませんね。
カメさん
2007年10月15日 16:58
紫様へ
お久しぶりです。
私が不器用な人間だったからでしょう。
想像もしてなかったラブレターだったので、
どうすればいいのか分からなかったのですね.
2007年10月15日 17:07
カメさんPC復活良かったですね^^。コメントを頂きさっそくお邪魔します~~^^。なんと初恋の思い出・・確かに忘れる事の出来ないのってありますよね^^。M子さんもきっと今頃思い出しているかもね('-'*)フフ
私も色々思い出しました(●´ω`●)ゞエヘヘワードで描いた絵・・可愛いですね。。
カメさん
2007年10月15日 19:13
べるのん様へ
こんばんは
やっとPCのご機嫌が直りました。
かなり手こずりました。
べるのん様の初恋物語も聞かせて下さいよ。
2007年10月16日 20:03
カメさん お帰りなさい。PC直ってよかったですね。
昔のダブレターの思い出自分の事の様に読んでいました。当時は車もないし電話の掛けれなかったので手紙しか通信手段が有りませんでしたね。
自分も毎日郵便やさんの来るのを待って居た事です。
畑の隅でこっそり燃やした記憶も有ります。昔むかしの二十歳の頃を思い出しました。m子さん今頃どうして居るのでしょうかね?
カメさん
2007年10月16日 20:48
ぶたねこ様へ
PCリカバリー9時間かかりました。
PCご機嫌斜めでかなり難敵でしたね。
最後の方ではもうどうでもいいや、と投げ出すところでした。
でも、PCが使えなかった生活は本当に味気なかったです。
お互いに青春時代の甘酸っぱい思い出ですね。
M子さんの事はいつも気になっていますが、
あえてその後の事は聞かない事にしております。
昔の思い出は思い出として、
胸にしまって置いたほうが夢があります。

この記事へのトラックバック